クラスTシャツのオーダー

「オリジナルTシャツ」や「クラスTシャツ」をオーダーする際の配色アドバイス

2017年02月17日 18時18分


Tシャツの色とデザインの色はトータルのイメージを決定付けますので、
注意しないとイメージが崩れてしまいます。
あまり色々な色を使うとうるさい感じで落ち着きません。
Tシャツの色もシンプルでデザインが訴求できるものを使うといいでしょう。
 
1番目「大人っぽい配色でクールで落ち着きがある配色」です。
ポイントはダークカラーとホワイトの組み合わせです。
グレー・ネイビー・ダークブラウンのダークカラーが素敵。
青系の色をメインにするとクールにまとまります。
グレーの濃淡を強調すると大人っぽい雰囲気です。
Tシャツはグレーや白を基調に。ネイビーのTシャツにデザインをホワイトだとスッキリします。
 
2番目「フレッシュ・爽やかをテーマにした配色」です。
新鮮な野菜やフルーツをイメージしましょう。
ホワイト・水色・緑・黄色など明るい色を組み合わせます。
似通った色だとまとまりすぎます。差し色を工夫すると元気な感じが訴求できます。
水色とオレンジはぶつかってしまう色です。間にホワイトを入れると綺麗です。
 
3番目「ナチュラル系・アース系の配色」です。
自然界にある色を濃淡で使うといいです。
ブラウン・ベージュ・ホワイト・グリーンなど。
Tシャツの生地は生成りやシワ加工があるとより自然な感じになります。
 
4番目「ガーリーで可愛い系な甘〜い配色」です。
一般的にはピンク系やオレンジ系がメインです。
それだけでなく、薄い黄緑や紫。水色なども明るい印象になって可愛いです。
パステルカラーを基調にしましょう。Tシャツの色と同系色にすると統一感も強調されます。
女子が好きなピンクですが、濃淡で変化をつけても素敵です。
パステルカラーは色数が多くなってもお互いに主張しませんから、失敗しなく自由にデザインを楽しめます。